導入事例

手書きの伝票を写真で撮影してトレタに保存。情報が一元管理できるようになりました。

RESTAURANT Ryuzu マネージャー 鈴木 周平さん

 
_KEI5648

ーーーRyuzuさんは、 3年連続ミシュランで二つ星を取られているんですね。

鈴木 2012で一つ星、2013・2014・2015には二つ星を取りました。本当にシェフに感謝です。

ーーー店内は、高級感のある落ち着いた雰囲気ですが、カウンター席もあって。お客さまがおひとりで来られることもあるんですか。

鈴木 はい。女性がおひとりでランチを召し上がったりすることもありますよ。キッチンのスタッフと話ができるのも、当店ならではの趣向です。

ーーーRyuzuさんがトレタを導入されたのは今年の6月ごろですね。その前にもタブレットを用いたシステムを利用されていたとお聞きしましたが、どういったきっかけでトレタをご利用になり始めたのですか。

鈴木 以前のシステムは私が入社する前から導入していたもので、それを1年ほど利用してシステムの要望なども開発元に出していたところだったのですが、ふとした時にシェフからトレタの存在を聞いたんです。そこでシェフや営業の方から説明を聞いてみたところ、これは効率的だなと思いました。

ーーー具体的にどのようなところが導入決定のポイントでしたか。

鈴木 当店はリピーターになるお客さまが多くいらっしゃるので、その履歴を取っているんです。ただ、お客さまがいらっしゃる時間は、接客サービスに集中する環境にしたい。それ以外のことには時間を割きたくないんですが、お客さまの履歴を「打ち込む」作業のウェイトが高かったんですよ。それがトレタに変えることで、極端にいうと、写真一枚撮影するだけで済ませることができる。大幅に時間が短縮できるという点が一番大きかったですね。

ーーー写真は、どのようなものを撮られるのですか。

鈴木 オーダー伝票です。何を召し上がったか、ですね。メニューが毎日変わるので手書きのものしかないんです。トレタの予約詳細のページで、メニューやドリンクなどの記録を合わせて撮影するんです。伝票にいろいろな情報を書き込んでいますので、その一枚を撮るだけでたくさんの情報が残せます。

ーーー伝票にすべての情報を手書きして、それを撮影しているということですね。

鈴木 はい。伝票には例えば、利き手がどちらか、アレルギーはあるか、近くに住んでいるか、それに眼鏡をかけているか、髪の長さはどうか、といったお客さまご自身の特徴なども記録しているんですよ。それに、食事のペースであったりとか、お水がガス有・ガス無のどちらがお好みかとか。あと、コップの水が少なくても注いでほしくない方もいらっしゃったりするのですが、そういうのもお客さまの特徴ですので記入するようにしています。左効きの方で、ナイフとフォークは右利きと同じような使い方をするけれどスプーンだけは左手で持つとか。

ーーー気づいたことを、とにかくすべて書き込んでおられるんですね。

鈴木 そうなんです。そして、その手書きの情報のなかからポイントになるところを私のほうで拾って、トレタのメモ欄にテキストで打ち込んでおくんです。こうしておくと、のちのち情報を見たり探したりするときに便利ですからね。