導入事例

何を訊いても回答と提案があったんです。その信頼感が導入の決め手になりました。

牛蔵 統括部長 阿部 博史さん

 
_KEI0981

ーーー牛蔵さんといえば、いつもお客さまがいっぱいというイメージがありますね。

阿部 本当にありがたいことに、いつもたくさんのお客さまに来ていただいています。

ーーーその人気の秘密は何だとお考えですか。

阿部 何なんでしょうねぇ。わざわざ仕掛けているわけではなくて、一生懸命やっているだけなんですが。たしかに、味と価格とサービスのバランスには気を遣っています。おいしいってうれしいし、安いこともうれしい。そして食べていて気持ちのいい空間だったらなおさらうれしいですよね。自分が外食をした時に、嫌に感じてしまったことは起こさないように。飲食店として、お客さまに喜んでいただこうと思っているだけなんです。

ーーー牛蔵さんでユニークなのは、すべてのお席を事前の電話予約で埋めてしまうのではなくて、必ず当日席を用意されていることなんですが、これは以前からこのようなスタイルだったんですか。

阿部 そうなんです。おかげさまで、ご予約のお客さまが徐々に増えてきまして、それからは今のシステムにしています。なるべく不公平感をなくすために全席を予約で埋めないように、と。このお店は、もともと地元のお客さまがたくさん来てくださっていて、そこから口コミで広がっているんですね。なのでお店のコンセプトとしても「地元のお客さまを大事に」という部分があるんです。

ーーー事前予約席と、当日席の割合はどうなっているんでしょうか。

阿部 だいたい半分ずつぐらいですね。ただ、土日は当日のお客さまがたくさんいらっしゃるので、当日席の割合を増やしています。それでも、土日は開店前に早くから行列ができてしまっていて……。そんな大変な思いをされてご来店されているのに、お客さまに「ありがとう」って言われるんですよ。普通はこっちが言う立場なのに。言われた瞬間は、この仕事やっていて良かったなと思います。だからお客さまには、なるべく喜んでもらいたいですし、お帰りの際は笑顔で帰ってほしいって思っています。