サービスについて
導入のご相談

導入事例

何よりも現場で「使うこと」を真剣に考えられている点が導入の決め手になりました。

トラットリア・トリニータ 代表取締役 星川哲視さん

 

tri_4

ーーートラットリア・トリニータさんといえば、お店でiPadやiPhoneといったiOSデバイスをフルに活用されていることで話題ですね。

星川 うちの会社(トリニティ株式会社)は、もともとデジタルガジェットの販売会社ですからね。アクセサリをたくさん扱っていますので、お店を運営する上でも、できるかぎりiOSデバイスを使ってやってみたいって思ったんですよ。

ーーートレタ以外では、どんな業務にiOSデバイスを使っているんですか。

星川 オーダーを取るのに「ウェイター」というアプリを使っていて、レジは「スマレジ」、カード決済には「スクエア」というぐあいですね。それに「タイムカード」というアプリでアルバイトさんのシフト管理もしています。とにかくお店で使えるものは全部取り入れてやろうって(笑)。

ーーーお店のオープンは2014年の6月ですね。そもそもなぜトリニティさんで飲食店経営をはじめることになったんですか。

星川 お店の上階がオフィスで、ここはもともと倉庫だったんですよ。でもね、ただの物置にしておくのはもったいないので、キッチンとダイニングを作って、社員のみんなで料理を作ったり一緒にごはんを食べたりするような場所にしようかなって思っていたんです。

ーーーなるほど、いわば社員食堂のようなものを構想されていたんですね。

星川 そうなんです。ところがちょうどその頃に、私がよく通っていたイタリアンのお店が閉店するということを聞きつけまして。大好きだったんですよ、そのお店のオーナーシェフの料理が。それが食べられなくなるのは惜しいって思いまして「こんど会社の下に料理できるスペース作るから、うちに来てください」って(笑)。

ーーーすごいタイミングだったんですね(笑)。

星川 ほんとにおいしいんですよ、彼の作る料理は。で、この味を社員だけで独占してはいけないって思いまして、それで一般の方にも料理を楽しんでいただけるようにレストランとしてオープンすることに決めたんです。もちろん私自身には、いままで飲食店経営の経験なんてないわけですが、新しいことをやればそのなかから何か新しいものが生まれるんじゃないか、と。そんな思いでお店づくりに取り組んできましたが、トリニティらしいユニークな空間ができたんじゃないかなって思っています。