導入事例

飲食店の現場で毎日使うツールには本当に必要な機能があればいい。だからトレタのシンプルさを選びました。

庄やグループ(株式会社 大庄)営業戦略本部 Web課 課長 横山真司さん

 
daisho_2

ーーー大庄さんで運営されている「庄やグループ」は、いま全国に何店舗あるんでしょうか。

横山 直営だけで600店舗ぐらいです。業態もいろいろでして、いまは30業態ぐらいあります。

ーーーそして、この10月にはその全店舗で「トレタ」の運用がスタートされるとのことですね。

横山 本当にようやく、ですね(笑)。今年の3月に一部の店舗で運用をスタートしてからですから半年以上かかりました。エリアごとに10店舗ほどの店長クラスを集めて説明会をしていったんですが、何しろiPadを触るのも初めてっていう人が多かったので、たいへん苦労しました(笑)。

ーーー説明会に先立って、各店舗ごとの「トレタ」の設定を、横山さんのほうでほとんどやっておられたとか。

横山 まったくiPadを触ったこともない人たちにとっては、トレタの設定って最初で最大の難所だと思うんですよ。もちろん設定の方法を含めて一から教えながら覚えてもらったほうがいいのは間違いないんですが、それをやってると、いつまでかかるか分からない(笑)。ですので「テーブル設定」と「担当者名」の入力だけ残して、あとは全部こちらで引き受けました。で、「いつも使ってるテーブル名のリストとスタッフの名前を入力するだけなら簡単でしょ? キーボードの練習がてら入れていってください」って説明して、少しだけでも設定画面には触ってもらうようにしたんです。

ーーーなるほど。まずは入力に慣れてもらわないといけませんからね。

横山 とくに、うちの店長クラスは年齢層が高めですから。でも「本部がここまでやってくれたのなら」って、少しは前向きに取り組んでもらえたんじゃないかなあと思ってます。