トレタ イニシアチブ

「トレタイニシアチブ」は、飲食店のみなさまと、飲食店IT化に関わるすべての関連企業に対する、わたしたちの「宣言」です。 飲食店IT化は「売って終わり」では実現しません。「お店の繁盛」を実現するまで、きちんと責任を持つことが何よりも大切です。 トレタは、この「トレタイニシアチブ」を通じて、飲食店の方に安心して情報化に取り組んでいただける企業であり続ける決意を表明します。 と同時に、この思いに共感していただける企業のみなさまと積極的に連帯することによって、トレタは理想的な「食の世界」を目指していきたいと考えています。

フェアなサービスを目指します。

店舗ビジネスでは、その業種・業態や規模によって最適なITツールが異なります。私たちは、店舗さまが最適なツールを利用できるよう、可能な限り他のサービスやツールとのオープンな連携を追求し、豊富な選択肢を提供します。また、店舗さまを不当に自社サービスに囲い込むようなことは決して行いません。
私たちのサービスに蓄積される情報は、店舗さまにとってきわめて重要な経営資源です。そのことを強く認識し、それらは店舗さまの事業の成功のためにのみ活用します。また、その情報は個人情報保護法などの法令に則り、適切に取り扱います。

透明性のある経営を目指します。

私たちは、店舗さまに対してつねに誠実かつ真摯に経営に臨みます。
店舗さまにとって、私たちは、何よりも信頼をいただける企業でありたいと考えています。このため、私たちの新しい取り組みや経営方針などについて、店舗さまに対して最大限オープンにしてまいります。また、店舗さまからいただく料金についても、一点の不明瞭さもなく、つねに明快かつ明朗なものであることを心がけます。不透明な料金体系は避け、店舗さまに過度な負担を強いるようなことは決して行いません。

徹底して現場の味方です。

日本の食文化の本質は「飲食店の現場」にあります。私たちは、「現場で働くすべての人たち」に対する深い敬意を持っています。私たちは現場を誰よりも深く理解し、現場の皆さんを支えるサービスのあるべき姿を徹底して追求していきます。
現場の誰もが最先端のテクノロジーをかんたんに活用できるように使い勝手を磨き、安心して使い続けられるように万全のサポート体制を構築して、店舗さまの営業を支えてまいります。目先の売上や加盟店数の目標に追われて「売りっぱなし」にするような営業活動は決して行いません。

リーディングカンパニーとして責任あるサービスを提供します。

私たちは飲食店のIT化を先導するリーディングカンパニーです。私たちには、最先端のテクノロジーをフレンドリーな形で店舗さまに提供し、かつ永続的に安心してお使いいただけるサービスに育てていく責務があります。
したがって、私たちは無責任な機能追加を決して行いません。一見便利そうな機能や販売上プラスになるような機能でも、その裏に大きなリスクをはらんでいたり、使い勝手を大きく毀損してしまうと思われる場合には、私たちは勇気を持って機能追加にNOと答えます。

「三方よし」のサービスを目指します。

私たちは、店舗さまの長期にわたる安定的な利益を徹底して追求します。そしてその実現のためには、店舗さまに通うお客さまの満足感を維持し、さらに高めていくことが不可欠であることも深く理解しています。私たちは店舗さまとお客さまの双方が幸せになれるようなサービスを作り、ともに繁栄していけるよう、「三方よし」の精神で事業を進めてまいります。