繁盛店づくりを支援する、顧客満足度調査サービス「トレタ カスタマーボイス」をリリース

来店回数で対象を絞ったアンケート配信で顧客満足度を「見える化」できます。

2017年9月4日

本日より新サービスとして、飲食店の「繁盛店づくり」を支援するための顧客満足度調査サービス「トレタ カスタマーボイス」の提供を開始いたしました。

トレタは、これまで予約管理を通じて飲食店経営のIT化を牽引してまいりましたが、予約を最大化して、飲食店の経営をさらに支えるためには、常連育成を中心とした顧客管理面のサービス充実が必須と考えています。その第一弾として着手したのが「トレタ カスタマーボイス」です。

この「トレタ カスタマーボイス」は、「トレタ」に蓄積される顧客データと連動する新しい調査サービス(特許出願中)です。常連予備軍(=来店2〜3回目のリピート客)に絞ってアンケートをSMSで自動配信することができるため、常連を増やすことを目的に、再来店に繋がる理由や離脱してしまう原因を明確にすることにつながります。

トレタ カスタマーボイスの特長

「常連予備軍」に絞ったアンケート調査ができる

「トレタ」に蓄積された予約ビッグデータを分析したところ、新規顧客1,000人のうち、そののち10回来店(=約2年後)する人は、わずか2人(0.2%)だけでした。その一方、来店回数が4回を超えた場合、定着率が安定するという結果も出ています。つまり、2〜3回目のリピーターを継続して来店に導くことが重要だということがわかりました。このため「トレタ カスタマーボイス」は、「トレタ」に蓄積された来店履歴から、この2〜3回目の来店客に対象を絞ってアンケートによる顧客満足度調査を実施することを可能にしました。

自動運用が可能なので現場に負荷をかけずに実施できる

これまで飲食店が来店客を対象にしたアンケートを実施する場合、回収方法はほぼ手動、または来店客にクーポンを配るなどの業務負荷が少なくありませんでした。しかし「トレタカスタマーボイス」は、いちど配信条件などを設定すると、アンケートの配信〜回収〜集計が、ほぼ自動的に行えます。

回答結果は集計画面からすぐにスタッフへ共有できる

これまでのアンケートでは、現場の改善の結果が不明瞭でした。売上げが上がることで改善結果と見ることはできますが、アンケートに対する改善の結果なのか、それ以外の販促が成功したのか、具体的にはわかりません。「トレタ カスタマーボイス」では、顧客満足度などの点数が上がることで、改善ポイントが評価されたかどうか、直接的にわかります。しかも回答結果は集計画面にすぐ反映され、スタッフ間での共有も簡単に実施できます。

トレタ カスタマーボイスの利用料金

  • 初期費用:10,000円
  • 月額費用:1店舗あたり5,000円(50席までの店舗の場合)〜
  • SMS送信料:月100通まで無料(101通目から1通10円)

詳細・ご利用について

カスタマーボイスの詳しい機能はこちら
カスタマーボイス機能紹介
ご利用の申し込み・お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム

サポート窓口

トレタをお使いの上でご不明な点などがございましたら、いつでもご連絡ください。
support@toreta.inあてにメールをいただければ迅速に回答させていただきます。