お知らせ

2016年07月20日

【プレスリリース】トレタ、 クレジットカード決済でのデポジット機能をリリース

前受金で、直前キャンセルの損失を防ぐ

飲食店向け予約/顧客台帳サービスを提供する株式会社トレタ(本社所在地:東京都品川区、代表取締役:中村 仁、以下 トレタ)は、このたび「トレタ」でのクレジットカード決済を可能にする機能「トレタペイメント」の開発に着手し、その第一弾として、予約と同時に前受金(保証金)を預かることができるデポジット機能を2016年7月20日(水)にリリースしました。

image_toreta_payment_1st (1)

予約時のデポジットは、直前でのキャンセルを防止する方策のひとつとして、宿泊施設や航空会社といった旅行業界などで広く活用されています。しかし、同じように予約を扱う飲食業界にはデポジットの仕組みはありません。このため、直前のキャンセルや無断キャンセルによって店舗運営に多大な損失を受けることが多く見られました。とりわけ団体や貸切、また年末年始などの繁忙期での予約の無断キャンセルは、仕入れた食材やスタッフのシフト調整などへの影響が大きく、経営の根幹を揺るがすほどの打撃になりかねません。

今回「トレタ」が搭載する「トレタペイメント」では、クレジットカードでのデポジット決済やキャンセル時の決済を可能にします。このため、上記のような無断キャンセルの防止策としての効果が期待でき、またキャンセル料の徴収を可能にすることで金銭的な損失を補填することもできます。その一方、デポジットを選択したお客さまには特典を設定するなどのインセンティブを提供することも可能ですので、飲食店だけではなく利用者を含めた双方にとってメリットのある仕組みとして運用することができます。

この「トレタペイメント」は、飲食店が保証金として預かるデポジットの金額のほか、適用する日付や期間を自由に設定することができ、予約の条件によってデポジットを適用するかどうかなどを細かく設定することが可能です。このデポジット機能は「トレタ」加盟店であれば、別途申し込みを行うことで利用できます。

デポジット機能の利用シーン例は、以下のとおりです。

<例1> 週末やクリスマスなど特定日の予約にだけデポジットを適用する
飲食店は、繁忙日に備えて人員計画を厚めにし、仕入れ量も一定以上を確保するなどの対策を講じます。このため、当日もしくは連絡なしでのキャンセルは経営に打撃を与えます。「トレタ」のデポジット機能を週末やクリスマスなど繁忙日にだけ適用することで、こうした「ドタキャン」や「無断キャンセル」を軽減することが可能になります。

<例2> 1ヵ月以上先の予約にだけデポジットを適用する
通常は1ヵ月以内の予約のみを受け付けている飲食店で、デポジットを事前に支払うことで1ヵ月以上先の予約をとることができるという、特別感を演出することができます。

<例3> デポジットを預り金ではなく「特典」の事前販売として適用する
デポジットは、事前の預り金として扱って飲食後の支払い金額と相殺するだけではありません。デポジットを支払うことで「ドリンク1杯サービス」や「眺めのいい席に優先的に配席する」などの特典を設けることもできます。これによって集客に繋げることも可能になります。

トレタでは、今回リリースしたデポジットに続きカード決済・オンライン決済などの機能にも取り組んでいく方針で、国内カード市場拡大への対応や、訪日外国人の増加に伴うインバウンド需要への対応も視野に入れた開発を強化してまいります。

■飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」について
「トレタ」は、高級レストランから居酒屋まで、あらゆる飲食店の予約を簡単・便利に管理ができる予約/顧客台帳サービスです。現場を意識した使い勝手への徹底したこだわりが高い評価をいただき、2013年12月のサービスリリース以来、現在までに登録店舗は6,500店舗を超えており、飲食店向け予約台帳システム業界においてシェアナンバーワン(※)を獲得しております。「トレタ」は“予約”を通じて、飲食店経営のイノベーションをリードしてまいります。

※株式会社シードプランニング「注目サービスの最新動向 No.3」より

■株式会社トレタ 会社概要
所在地 : 東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル8F
代表  : 代表取締役 中村 仁
設立  : 2013年7月1日
資本金 : 4億3,983万円
事業内容: 飲食店向け 予約/顧客台帳サービスの開発・販売
URL   : https://toreta.in/jp/

問い合わせ先

株式会社トレタ
広報担当: 田 美智子
メール : pr@toreta.in
電話  : 03-6431-9006

「プレスリリースプレスルーム」カテゴリの記事

最新記事