トレタ活用ガイド
「グルメサイト連携を使って
予約管理を効率化し、機会損失を防ぐ!」

Go To Eatキャンペーンにより、グルメサイトによるオンライン予約が増えたという飲食店も多いでしょう。でもそのせいで、予約管理が面倒になっていませんか。お店の予約台帳にグルメサイトからの予約を手作業で反映するのは手間がかかりますし、予約事故の発生につながる心配もあります。 まだの方は、トレタの予約台帳とグルメサイトの連携を検討してみてください。
トレタご利用の飲食店なら無料で利用できる「グルメサイト予約取り込み」機能や、有料オプションの「レスラク連携」など、トレタで実現できるグルメサイト連携の方法についてお伝えしていきます。
グルメサイト連携のオプションを使って、管理を楽にし、予約事故のリスクを抑えましょう!

1.グルメサイトの利用はこんなに増えた! 調査結果を紹介

Go To Eatキャンペーンのポイント付与はオンライン予約を対象としたため、普段グルメサイトを利用していなかった人もこれを機に利用されたケースもあるはずです。実際どうだったのか? アンケート結果をご紹介しましょう。

以下は、Go To Eatキャンペーンを利用したことがある550名の方にアンケート調査をした結果です。

グルメサイトの利用は、Go To Eatキャンペーンを機に増えましたか?
グルメサイトの利用は、Go To Eatキャンペーンを機に増えましたか?

「今まで使っていなかったが、使うようになった」が34.4%、「今までもよく使っており、さらに使うようになった」が22.5%。合わせて56.9%の方は、グルメサイトの利用が以前より増えたということになります。

また、「Go To Eatキャンペーンが終わった後も、飲食店へのオンライン予約を利用しようと思いますか?」という質問には、「積極的に使おうと思う」「使おうと思う」が合計で84.9%という高い数字となっており、オンライン予約が定着してきたことがわかります。

Go To Eatキャンペーンが終わった後も、飲食店へのオンライン予約を利用しようと思いますか?
Go To Eatキャンペーンが終わった後も、飲食店へのオンライン予約を利用しようと思いますか?

増えるオンライン予約(グルメサイトからの予約を含む)への何らかの対処が、これからの飲食店には必要になってきそうです。

2.グルメサイトとトレタの連携方法は3種類

グルメサイトとトレタを連携させる方法にはいくつかあります。どのグルメサイトを利用しているか、どの範囲まで自動で行うかによって異なりますので、それぞれの特徴を見ていきましょう!

ベーシックプラン内で利用できる「グルメサイト予約取り込み」

トレタは多数のグルメサイトと公式連携しており、対象となるグルメサイトであれば有料オプションの契約不要で連携できます。 グルメサイトからの予約が入ると、トレタのウェイティングリスト(まだ席を割り当てておらず、待機中の状態)に登録され、そこから配席をすることになります。

グルメサイトによって連携できる範囲が異なり、一部グルメサイトについては、高度なテーブル設定をすることで自動配席も可能。キャンセルや予約変更の連携までできるグルメサイトもあります。

公式連携グルメサイトの一覧

  • YAHOO!JAPAN ロコ
  • OZmall
  • ヒトサラ
  • 食べタイム
  • TERIYAKI
  • テーブルクロス
  • TRAVEL ZOO
  • favy
  • 美味案内
  • Goope
  • ぺコッター
  • Premium DINING
  • LINE@
  • SAVOR JAPAN
  • ペライチ
  • myorder
  • JapanRestaurant.net
  • TABLE REQUEST
  • Winomy
  • LUXA
  • Googleで予約

公式連携グルメサイト以外は「グルメサイト予約取り込み(その他グルメサイト)」

公式連携がされていないグルメサイトについても、有料オプションに申し込んでいただくことで利用できる場合があります。 上記の公式連携グルメサイトの一覧にお店が今使っているグルメサイト、これから使おうと思っているグルメサイトがない場合、このオプションにて対応可能かどうかはトレタまでお問い合わせください。

なお、当プランでは自動配席はできず、ウェイティングリストへの登録までとなります。

自動配席や在庫調整が可能な「レスラク連携」

「レスラク」とは、複数の大手グルメサイトのネット予約を一元管理する飲食店向けの「サイトコントローラー」であり、株式会社レスラクが提供するサービスです。トレタと各グルメサイトの間に「レスラク」を入れることにより、グルメサイト間での在庫調整ができ、自動配席、キャンセルや変更の反映までを可能にします。

レスラク連携を使えば、例えばあるグルメサイトで予約が入った場合、その他のグルメサイトの在庫数を自動で調整してくれます。一元管理することでダブルブッキングの心配が少なくなり、在庫を最大限活用できるようになるのです。

なお、他の連携方法よりも設定に時間がかかり、契約から利用開始までには、6~8週間程度いただきます。

連携方法の比較表

グルメサイト予約取り込み グルメサイト予約取り込み
(その他グルメサイト)
レスラク連携
対象となる
グルメサイト
公式連携グルメサイト以外 レスラクが連携しているグルメサイト
  • ・ホットペッパー
  • ・食べログ
  • ・ぐるなび
  • ・OZmall
予約取り込み
自動配席 ×
一部グルメサイトは
可能
×
在庫調整 × ×
料金 トレタのベーシックプラン内で利用可 トレタのオプション料金が必要 トレタのオプション料金、
レスラクの利用料が必要
どのような
飲食店に
向いている?
  • ・予約を写す手間だけでもなくしたい
    飲食店
  • ・すぐに連携機能を使いたい飲食店
  • ・予約を写す手間だけでもなくしたい
    飲食店
  • ・公式連携グルメサイトに、使っている
    グルメサイトがない飲食店
  • ・すぐに連携機能を使いたい飲食店
  • ・グルメサイトなど事前予約の割合が高く、
    ダブルブッキングの心配をなくしたい
  • ・自動配席や在庫調整までしたい飲食店

3.グルメサイト連携の始め方(種類別)

自分のお店にあった連携方法はありましたか?
連携方法が決まったら、以下のような手順で実際に連携を始めてみてくださいね。

「グルメサイト予約取り込み」の始め方

グルメサイト予約取り込みの使用にあたって申込は必要ではありません。トレタの管理画面やグルメサイトの管理画面から、連携のための設定をします。
グルメサイトによって手順は異なり、認証キー(長い文字列)を使って連携するパターン、グルメサイトのアカウントからトレタにログインするパターンなどがあります。

対応しているグルメサイトで自動配席を行うには、高度なテーブル設定も必要になってきます。

「グルメサイト予約取り込み(その他グルメサイト)」の始め方

公式連携グルメサイト以外で「グルメサイト予約取り込み」を行いたい場合は、オプション契約が必要です。まずはトレタまでご連絡ください(公式に含まれているのかわからない場合も、まずはお問い合わせください)。LINEからも受け付けています。
どのグルメサイトと連携をしたいのか教えていただければ、その後の手順についてトレタから案内します。

「レスラク連携」の始め方

レスラク連携には、トレタとのオプション契約とレスラクへのお申し込みが必要になります。まずトレタにご連絡いただければ、必要な書類をお送りします。そちらをご提出ください。

利用開始にあたっては、トレタ、レスラク、グルメサイトでテーブル設定を一致させるなど設定が必要になってきますが、トレタがしっかりサポートさせていただきます。

始めたい方は、まずはトレタにご連絡ください。LINEからも受け付けています。

予約が増えるのは喜ばしいことですが、管理工数がかかったり予約事故が起こってしまったりで逆効果になってしまっては残念です。せっかくまだ予約が入れられるのにダブルブッキングが怖くてセーブしてしまい、機会損失につながってしまうといったこともあるでしょう。
グルメサイトからの集客増という機会を最大限発揮するために、今回ご紹介したグルメ連携の機能をぜひ使ってみてください!

トレタマスターと店長

トレタを使うにあたってご不明な点は、トレタのLINE公式アカウントで受け付けています!
以下のボタンからお友だちになってください!!

友だち追加