電話予約とウェブ予約、
どっちを使う?
それぞれのメリットを整理!

ウェブ予約を始めた飲食店さまの中には、電話にウェブにと予約の対応に追われている方もいらっしゃるかもしれません。

そんなときは、どんなときにどちらがどう便利なのか、一旦整理してみましょう。それぞれのメリットを上手に活かすことが、お客さま、常連客を増やすことにつながるはずです。

目次

  1. 電話予約とウェブ予約、一本化vs使い分け
  2. 予約管理に向いているのはどっち?
  3. 丁寧な接客に向いているのはどっち?
  4. 予約キャンセルが多くなるのはどっち?
  5. 電話予約とウェブ予約を上手に連携!

1.電話予約とウェブ予約、一本化vs使い分け

店長

ウェブ予約も浸透してきたことだし、電話予約はやめて、ウェブ予約一本にしてみるのもいいかもな。

呆れ気味の店員

ちょっと待ってください
電話予約もまだたくさんありますし、なくすなんて気が早いですよ。

困り気味の店長

う~ん。せっかくウェブ予約があるのに営業時間外に電話がかかってくると、予約を取りこぼしそうな気がするんだよね。

笑顔の店員

トレタフォン(自動応答サービス)を試してみるのはどうでしょう? 不在時でもウェブ予約を案内してくれますよ。

ガッツポーズしている店長

そうだった! よし、トレタフォン(自動応答サービス)を使うことも考えて、電話とウェブ予約の使い道を整理してみよう。

それでは、電話予約とウェブ予約、それぞれのメリットと使い道について、一緒に考えてみましょう!

2.予約管理に向いているのはどっち?

続きはダウンロードして
ご覧いただけます

資料のダウンロードはこちら
店長

電話で聞き間違えると怖いから復唱するけど、それでもちょっと心配。ウェブ予約なら正確だな。

電話予約とウェブ予約、どちらの予約方法を使ってもらった方が予約情報の管理がしやすいでしょう。

トレタの場合、ウェブ予約を使ってもらえば予約時の入力内容がそのまま予約台帳、顧客台帳に反映されます。聞き間違えの心配もありません。予約時の手間や事故リスクを減らすという点ではウェブ予約に軍配が上がるでしょう。

まだウェブ予約を始めておらず、予約管理に手間を感じている方は、ぜひ導入を検討してみてください。