サービスについて
導入のご相談

導入事例

トレタの顧客情報をスタッフ全員で充実させていくことで、接客のモチベーション向上に繋がりました。

恵比寿焼肉 kintan(株式会社カルネヴァーレ)マネージャー 山内美づき さん

 

22

ーーーカジュアルリッチな雰囲気で上質な焼肉が食べられるとあって、kintanさんは本当に大人気ですよね。いつ来ても満席というイメージです。

山内 ありがとうございます。うちの店、56席あるんですが、だいたいいつもご予約のお客さまでいっぱいになります。とくに平日の夜は、ほとんど毎日2回転していますね。

ーーー予約が多いと管理が大変ですよね。トレタの導入(2014年6月)以前は、どんなふうに管理していたんですか。

山内 電話で予約を受けて、その内容をエクセルで作ったフォーマットに入力して管理していたんです。これがすっごく不便で(笑)。

ーーーどういうところが不便だったんでしょう。

山内 手書きのメモをパソコンで入力し直す手間もありましたし、入力をミスしてても確認のしようがありませんでしたし。それに、うっかりデータを消してしまうっていうこともありました。いちど、10日分の予約が消えてしまったかもしれないっていう事件がありまして。結果としては無事だったんですけど、起こり得ないことじゃないじゃないですか。もしも消えちゃってたらどうなっていたかって考えると、本当に怖いなあって思いました。

ーーーでは、トレタの導入については、まったく抵抗なく?

山内 はい。トレタは本部で導入を決めて、ここが初めての導入店舗になったんですけど、最初にデモを見たときから「これはいい!」って思いました。まず、電話での受け答えが録音できるのがいいなって。言った言わないは必ず発生しますし、どんなお約束をお客さまにしたのか、聞き直したらちゃんと確認できるわけですから。うちの店のみんなも「これ、すごくいいよね」って。