導入事例

トレタは、まずお客さまに3回来ていただくための「おもてなし」に欠かせないツールです。

中目黒いぐち エビス&ビーフ 店長 鳥海 徹さん

 
iguchi_fixed

ーーーこちらのお店は路地裏にあって、しかも看板が出ていないんですね。どこにあるかわからないことにビックリしました。

鳥海 これもブランディングのひとつなんです。もともと中目黒いぐちの一店舗目で「駅から近いけれどわかりづらい」というブランディングがありまして、この2号店を開いたときに「やっぱり、いぐちはこれをやったよね」と。同じやるなら面白いほうがいいんじゃないかという感じですね。

ーーーもともとそういうイメージがあったので、ファンが初日からいらっしゃったんですねえ。

鳥海 ありがたいことに1店舗目は常に満席で、当日は入れないお客さまもいらっしゃったんですけれど、そういうお客さまに「恵比寿にお店がオープンしましたので、良かったら行かれませんか」とご案内することで満席にさせていただきました。

ーーーウェブサイトを拝見すると、当日キャンセルのお断りのことが書かれていたり、他の店舗の情報を出していたりと、さまざまな工夫をされているんですね。

鳥海 トレタは複数店舗で連携することができて、画面を見るとすぐに他店舗の空き状況がわかります。自分の店が満席であれば他店舗をご案内できるんですが、これに加えて「本日の情報」に他のお店向けに「ここの時間帯は予約をどんどん入れてもらってOK」とか「この日の空席は埋めないでほしい」というぐあいに情報を入力しておくんですね。そうすると、お互いに自信をもってご案内できるようにしています。