サービスについて
導入のご相談

導入事例

年間約60万人のレストラン来客データを活かし、リピーターを発見。確度の高いアプローチをしていきたい。

リーガロイヤルホテル(大阪) 販売促進チーム 課長・福島正晴さん

 
_KEI3834(補正)

ーーーロイヤルホテルは創業80余年。大阪・中之島のランドマークですね。レストランは何店舗あるんでしょうか。

福島 レストランやバーなど直営だけで11店舗。このうち8店舗にトレタを導入しています。予約を取っているお店は全部ですね。

ーーーどうしてトレタを導入しようと考えたのですか。

福島 当ホテルでは直営店舗のランチ、ディナー合わせて一年間に約60万人のお客さまがお食事に来られているんですね。でも、そのうちの何人の方がリピートしていただいているのか、数が莫大すぎて正確な把握ができていなかった。そういう状態だと確度の高い販促ができません。何とかしたいと思っていました。
 
_KEI3484

ーーー紙の予約台帳だけでは精度の高い販促は難しいですか。

福島 当ホテルのレストランは、ほぼ予約ベースですが、予約ごとにお名前を伺っても、そのお客さまが何回目のご来店なのか、いつもどのお店をご利用いただいてるかはわからない。従来は全店にお客さまを呼ぶような販促しかできなかったわけですが、そのお客さまがどこかのお店を何回もご利用いただいているということがわかれば、いままでとはまったく違ったアプローチが可能になると思うんです。

ーーー新規顧客を呼び込むよりリピーター施策を、と。

福島 新規獲得はもちろんですが、幸いわれわれのホテルには、約60万人のお客さまが来られているので、そのお客さまをまずはリピーターへと育てたいなと。

ーーートレタ以外の予約システムも検討されましたか。

福島 過去に何度か試したことがあるんですが、当時はiPadもなくデスクトップPCを利用するものしかなかったんですね。これを多忙な現場で使うのはとてもムリだと。だから、じつはトレタの方からお話があったときも、最初はどうやってお断りしようかって考えていたんですよ(笑)。