サービスについて
導入のご相談

安心・安全への取り組み

予約/顧客情報の取り扱いについて

トレタに蓄積されている膨大な予約情報や顧客情報は、それぞれの店舗さまにとってきわめて重要な経営資源であると考えています。
私たちは、そのような大切な情報を「店舗さまからお預かりしてる」ということを強く認識しています。私たちが店舗さまからお預かりしているすべての情報の権利は、あくまでも店舗さまが保有しているものとして「サービス利用規約」で以下のとおり定めています。

トレタは、加盟店が本サービスを利用するなかで予約をされたお客様の予約内容その他の個人情報を、加盟店に代わってお預かりすることがあります。ただし、トレタがお預かりしたお客様の個人情報は、加盟店が取得主体としてすべての権利を持っています。 (サービス利用規約「お客様の情報」より)

また私たちは、店舗さまが最適なツールを利用できるよう、可能な限り他のサービスやツールとのオープンな連携を追求し、豊富な選択肢を提供します。予約情報や顧客情報をお預かりしていることで、店舗さまを不当に自社サービスに囲い込むようなことは決して行いません。もちろん、その情報は個人情報保護法などの法令に則り、適切に取り扱っています。

トレタは、本サービスを提供したり機能の改善を行ったり便利な機能を追加するため、トレタがお預かりしたお客様の個人情報その他のデータを利用することがあります。ただし、トレタがお客様の個人情報を利用する場合には、特定の個人を識別できないようにデータを加工して利用します。
加盟店は、お客様から個人情報を取得するにあたり、その利用目的を通知するなど、個人情報保護法その他の法令に従って適切な措置を講じるようにしてください。
トレタは、個人情報の取扱いにあたって個人情報の保護に関する法律を遵守し、また社内で策定する個人情報保護規程に従って安全対策措置を取ります。
(サービス利用規約「お客様の情報」より)

サービス利用規約 https://toreta.in/terms
プライバシー・ポリシー https://toreta.in/privacy

サービス利用規約 https://toreta.in/terms プライバシー・ポリシー https://toreta.in/privacy

トレタにおけるデータ保全への取り組み

トレタはクラウドサービスであり、すべての予約データはアプリではなく、クラウドサーバーに保存されています。
なぜクラウドなのかーーそれは、タンス預金よりも銀行預金のほうが安全なのと同様、手元に置くよりもクラウドサーバーに預けたほうが、はるかに安全に予約データが守られるからです。
さらにトレタでは、クラウド上にお預かりした大切な予約データを決して消失させないよう、3段階のバックアップを常に実施しています。各バックアップのデータは、すべて異なる場所に格納し、仮にテロや災害により特定のデータセンターが壊滅しても、予約データが失われないように配慮しています。

データ保全web_slice160411_03

データ保全web_slice160411_09
データベースの複製を常時作成しています
トレタは「AWS(Amazon Web Service)」というクラウドシステムに構築されており、メインのデータベース(DB)とは別にバックアップDBを複数用意しています。バックアップDBはメインのDBと同時に更新され、常に最新状態に保たれており、万一メインDBに障害が起きたときには即座にバックアップDBに切り替わって運用を継続します。

データ保全web_slice160411_09
サーバーの定期的なバックアップを行っています
DBのバックアップとは別に、トレタでは定期的にシステム全体のバックアップを取っています。このバックアップには、DBはもちろんサーバーの設定まで、トレタのすべてのデータが含まれており、障害時には素早く復旧することが可能です。バックアップしたシステムはAWS内の「S3」というサービスに保存しています。S3は極めて堅牢な設定で、設計上の耐久性は99.999999999%です。

データ保全web_slice160411_09
マルチクラウドを採用しています
トレタのサーバーは、基本的にAWSで動いていますが、DBのコピーをGoogle社の提携する「Google Cloud Platform」にも作成しています。これにより、AWS全体で大規模な障害が起こってもデータを保全できる設計になっているので、完全にデータを消失してしまうことはありません。

データ保全web_slice160411_03

データ保全web_slice160411_09 データベースの複製を常時作成しています トレタは「AWS(Amazon Web Service)」というクラウドシステムに構築されており、メインのデータベース(DB)とは別にバックアップDBを複数用意しています。バックアップDBはメインのDBと同時に更新され、常に最新状態に保たれており、万一メインDBに障害が起きたときには即座にバックアップDBに切り替わって運用を継続します。

データ保全web_slice160411_09 サーバーの定期的なバックアップを行っています DBのバックアップとは別に、トレタでは定期的にシステム全体のバックアップを取っています。このバックアップには、DBはもちろんサーバーの設定まで、トレタのすべてのデータが含まれており、障害時には素早く復旧することが可能です。バックアップしたシステムはAWS内の「S3」というサービスに保存しています。S3は極めて堅牢な設定で、設計上の耐久性は99.999999999%です。

データ保全web_slice160411_09 マルチクラウドを採用しています トレタのサーバーは、基本的にAWSで動いていますが、DBのコピーをGoogle社の提携する「Google Cloud Platform」にも作成しています。これにより、AWS全体で大規模な障害が起こってもデータを保全できる設計になっているので、完全にデータを消失してしまうことはありません。