立地が悪い、やり方が分からないなどのさまざまな理由で、なかなか集客が上手くいっていない飲食店経営者も多いのではないでしょうか。

特にコロナ禍の影響を受け、お客様のニーズも変化しました。人手不足などの大きな原因により注力することが難しい状況にあったことが、さらに難しくなりつつあります。

現在は「お店が自らお客様を呼び込む取り組み」が重要になってきている時代といえます。そこで今回は、飲食店が今までよりも集客が難しくなった背景から、自ら集客をしていくためのステップまで詳しく解説していきます。

機能性にトコトンこだわった
誰にでも使いやすい予約台帳

  • 紙の台帳からの脱却。予約管理の手間やミスをなくしたい
  • 新規顧客かリピーターが把握できない
  • 属人化したサービスから脱却したい

もしもこのようなお悩みがあるのであれば、顧客台帳としても使えるトレタの予約台帳を検討してみませんか。来店履歴の”見える化”で接客や集客の強化に繋がります。

サービス資料をダウンロード

飲食店が今までよりも集客が難しくなった3つの背景

飲食業界はコロナ禍を経てお客様のニーズが変わり、新たな変革を求められています。この結果、集客が今までよりも難しくなっています。この章ではなぜ飲食店が従来よりも集客が難しくなったのか、その背景を3つ説明します。

  • お客様のニーズが多様化した
  • どんなお客様が来たかのデータが大切になった
  • 集客手段が増加した

1.お客様のニーズが多様化した

コロナ禍によってテイクアウトやフードデリバリー需要が高まり、お客様のニーズが多様化しました。コロナ禍で変化した需要は大きく変わることはないため、継続したニーズ対応も視野に入れていくことが必要です。

ここで重要なのは、必ずしも立地や接客態度だけが問題である訳ではありません。立地が悪くとも集客ができている店舗はあるため、より魅力的な集客アイデアが必要になるといえます。

2.どのようなお客様が来たかのデータが大切になった

飲食業界ではDX(デジタルトランスフォーメーション)が進みつつあります。DXとは顧客情報をデジタル上で一元化したり、その情報をもとに最適なマーケティングを効率的に構築できたりするように、従来の業務をデジタル方向へ変革に導くことを指します。

このDXが普及する過程では、言うまでもなくどのようなお客様が来店したかのデータが必要になります。このお客様のデータをもとに、より効率的かつ魅力的に集客をしていけることになります。

3.集客手段が増加した

これまで主流であったぐるなびや食べログといったグルメサイトを中心とした集客は、TwitterやInstagramなどのSNSが飲食に限らず情報収集の中心になるなど、お客様がお店を知るきっかけは多様化しています。

結果として飲食店もこのニーズに対応する必要が出てきていますが、まだデジタルに慣れていない個人経営などの飲食店の多くは対応しきれていないことが多いでしょう。

コロナ禍を経てより目まぐるしく変わった集客手段に都度対応していく必要があり、かつ集客手段が増えるほど便利にはなりますが、同時にいくつもの施策を抱えきれないといった背景も存在します。

飲食店自ら集客を成功させるためにしておきたい4つのこと

それでは、集客に悩む飲食店はどのような対策をしたらいいのでしょうか。どのようにすれば集客が成功するかは以下の4つのポイントが重要です。

  • お店のホームページを整える
  • 各種SNSのアカウント作成・運用をする
  • Google ビジネス プロフィールの活用をする
  • チラシやショップカードを作る

お店のホームページを整える

お店のホームページはいわばウェブ上のお店と同じものです。お店の雰囲気や特徴を写真・文章、さらには動画などを使って伝えることができます。

また、インターネットで検索した際にお店のホームページが存在するだけで、お客様への安心感につなげることもできるでしょう。

ただし、サイトを立ち上げるにはそれなりのコストや労力がかかったり、ある程度こまめな情報の更新も必要となることは念頭に置いておくと良いかも知れません。

各種SNSのアカウント作成・運用をする

ホームページよりは気軽に、かつ無料で作成できるのが大きなメリットであるSNSは、種類も豊富なため、目的に応じて使い分けるのが良いでしょう。

例えば写真や動画などでお店の特徴を伝えたい場合はInstagram、シンプルに文章と写真だけで伝えたい場合はTwitter、といったように、SNSごとの特徴を捉えて活用することが重要です。

こちらもこまめな更新が必要になったり、場合によってはお客様とのコミュニケーションを取る必要が在ったりする場面もあります。

Google ビジネス プロフィールの活用をする

Google 検索でお店の名前を調べたり、「渋谷 焼き肉」といったキーワードでお店を調べる際適切なお店として表示されたりするよう、Google ビジネス プロフィールも受け口として持っておくと便利です。

コロナ禍が影響し、消費者は自分の今いる場所に近いお店を探す方法としてGoogle 検索を活用するシーンが多くなりました。グルメサイトにあるような口コミ投稿もできるため、最近では力をいれる飲食店も多く存在します。

ちなみに、Google ビジネス プロフィールを使って集客することを「MEO対策」と呼びます。詳しくは下記の記事をご覧ください。

▼関連記事
今日から始める飲食店のMEO 無料の集客方法を画像付きで解説

チラシやショップカードを作る

お店のある地域限定でチラシを作成したり、お店に来てくださったお客様に次回以降の来店を促進するためのショップカードを作成して配布する方法も効果的です。

特にコロナ禍で家で過ごす人が増えたこともあり、家の近くにあるお店からの情報を直接受け取ることがあれば、来店に繋がることも期待できるかもしれません。

ただ、チラシやカードのデザインを作成したり、印刷をする手間やコストがかかることが少しデメリットとして考えられるでしょう。

顧客を獲得・定着させるための3ステップ

「集客手段は分かったけれど、実際にどのように定着させればいいの?」と悩んでいる方も多いはずです。獲得するまでの道のりも長いため、効率的にやらなければ失敗してしまうことも有り得るでしょう。

少しでもうまく集客して成功させるために、以下では3つのポイントに絞って成功するための3ステップを紹介します。

  • 1.適切な情報発信
  • 2.新規顧客の満足度を高める
  • 3.既存顧客の再来店に繋がるような仕組みを整備する

STEP1.適切な情報発信

何よりも、適切に店舗の魅力を発信することが重要です。「適切」と言っても難しく考える必要はありません。自身のお店の住所や外観・内観などを映した写真をGoogle ビジネスプロフィールに登録してMEO対策を行ったり、旬のメニューや期間限定の商品などをネット上で発信したりすることで、自然と集客が可能になります。

他には「ターゲットを定める」ことも第一段階として必要でしょう。どのような属性の潜在顧客に向けて発信するかを定め、その基準に絞った情報を発信すると効果的です。

STEP2.新規顧客の満足度を高める

2ステップ目として、新規顧客の満足度を高めることに注視しましょう。接客やメニューのレベルを高めることはもちろんですが、スタンプカードの導入やクーポンの配布などといった特典要素もつけることで満足度をさらに高めることができます。

お店によってはキャッシャーに飴が置いてあるなどささやかな心配りがされている所もあります。このような細やかな気遣いによって新規顧客にも満足してもらえるでしょう。

ちなみに、飲食店がスタンプカードの導入を検討するべき理由や導入成功の事例を紹介した記事があるため、宜しければ下記も合わせてご覧ください。

STEP3.既存顧客の再来店に繋がるような仕組みを整備する

既存顧客に2回目以降も来店してもらうには「特別感」を演出した仕組みが必要です。スタンプカードや店舗のアプリを使って「2回目以降のお客様限定クーポン」などといった、限定の特典を用意するとよいでしょう。

また、Google ビジネス プロフィールに慣れてきたら、店舗の最新情報なども都度入れたり、また店舗のブログを始めたりすることによって、顧客のロイヤルティが高まっていきます。

これからの飲食店の集客にはデジタルツールが必須

ここまで集客方法や集客のポイントを説明してきましたが、具体的にどのようにすれば良いのかは分かったものの、現状施策を打てるだけの人員もコストも足りていない、とお思いではないでしょうか。

そこで活用を検討してほしいのが飲食店に特化したデジタルツールです。例えばお客様自身がインターネット上で店舗に予約できる「Web予約システム」を使えば、わざわざ電話をしなくてもお店に予約を取ることができます。

他には「POSレジ」と呼ばれる、顧客情報を逐一登録しておけるレジの活用もおすすめです。顧客情報が得られることによって自身のお店で一番ウケの良いものは何なのか、反対にどこを改善していくべきなのかが見えてくることもあります。

自社集客を始めるために欠かせないトレタのスタンプサービス

飲食店が集客を成功させるためには付加価値の提供が必要です。例えば会員限定の特典を配布することや、スタンプを貯めたら〇〇がもらえる、などといった工夫が必要になります。

しかし実際にどのように導入すれば良いのか分からない方に活用いただきたいのが「トレタスタンプ」です。

トレタスタンプは紙とデジタルの「良いとこ取り」をしたツールで、アプリが不要で使用できるデジタルスタンプツールです。顧客情報も貯めておけるため、マーケティング施策を考える際にも役立ちます。

詳しくは下記からご覧ください!

トレタスタンプ

まとめ|自社集客を実現し、無駄なコストを省きつつお客様を呼び込む体制を持ちましょう!

もちろん突然手数料のかかる予約の導線をすべてなくす!ということは難しいかも知れません。

ですが、お店自らの情報発信の場を持つこと、そして予約を受け付けられる体制を徐々に作っていくことができれば、集客も実現しつつコストカットもできるため、お店にとってのメリットは大きくなるでしょう。

無料ですぐにできるものも多くあります。まずはできることから着手していきましょう!

▼本記事中の内容に関するお問い合わせはこちら
https://toreta.in/contact/