お役立ち情報

飲食店の資産「お客様情報」を取り逃がしていませんか?ウォークインのお客様の情報も効率よく貯める方法とは

Twitterでツイート
LINEでシェア
はてなブックマーク
URLをコピー
20220216_eyecatch.jpg

飲食店にとって最も重要な資産の一つが、来店してくださったお客様の情報です。特に、お客様と飲食店の接点が大きく変わったこのコロナ禍において、「お客様の情報をデータとして蓄積しよう、活用しよう」とお考えになった飲食店様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、「今まで取り逃がしてしまっていたお客様の情報」を、効率よく貯める方法を3つご紹介します。

売上アップや人材不足に
お困りではありませんか?

  • 客単価・回転数が上がり、20%の売上アップ
  • 予約電話の取りこぼしを解消し、予約数が3割増
  • 客単価7%増、13%の人件費を削減

これらは実際にトレタが飲食店のみなさんと共に、デジタルの力を使って成し遂げてきた成果です。もしも現在、お店の運営にお困りであればぜひともこの事例集をご覧ください。

DX事例集をダウンロード

取り逃がすのはもったいない!「お客様情報」はなぜ貯めるべきか

まず、お客様との連絡手段が取得できることで、お店からのご案内メッセージの送付など、「もう一度来店してもらうこと」を目的としたコミュニケーションが断然とりやすくなります。

さらに、どのお客様がいつ・どれくらい・どのお店を利用してくれたのかといった情報が蓄積されていることで、お客様へメッセージを送る際に、より反響をいただきやすい内容の検討材料にできることも大きなメリットです。

しかし、ただお店を営業しているだけでは、実は大半のお客様情報を取り逃がしてしまっている、という飲食店様がほとんど。

例えば、

・お客様のお名前やお電話番号しか取得できておらず、メールアドレスやLINE公式アカウントなど、オンラインの連絡先がたまっていない

・ご予約されたお客様の情報しか取得できておらず、ウォークインで来店されたお客様の情報がたまっていない

といったように、せっかく来店してくださったお客様の情報が取得しきれていない、もったいない状況になってしまっていませんでしょうか。

そこで今回は、これらの「今まで取り逃がしてしまっていたお客様の情報」を、効率よく貯める方法を3つご紹介します。

①効率よくお客様情報を取得できる!ウェブ予約の活用

ウェブ予約なら、お電話だと聞けないようなメールアドレスなどの連絡先情報も取得できます。聞き間違いなどのリスクもなく、お店側では特に何も作業せずとも情報の取得ができることもポイントです。

トレタをご利用中の飲食店様なら追加費用無料でお使いいただける「トレタかんたんウェブ予約」では、送客手数料をかけずにお店のホームページやSNSから予約を受け付けることができます。

もちろん、お客様情報を含め、予約の情報は自動でトレタに反映されます。

▶︎今すぐできる!? はじめての「トレタかんたんウェブ予約」設定ガイドはこちら

②LINEによるコミュニケーション手段が得られる!ご予約時の通知メッセージの活用

一般的なご予約時のコミュニケーションでは、ご予約時に取得できる連絡先情報は「お電話番号」や「メールアドレス」のみ。

ですが、ご予約をされたお客様にLINEで予約確認メッセージをお送りすることによって、お店の「LINE公式アカウント」への友だち追加に繋げ、LINEによるコミュニケーション手段を得ることが可能になります。

トレタとお店の「LINE公式アカウント」を連携することで、ご予約時の通知メッセージがLINEで自動送信でき、お店の「LINE公式アカウント」の友だち追加に繋げられるのが「LINE通知連携」という機能。

この機能を使うと、ウェブや電話といったご予約経路に関わらず、トレタに入力したあらゆるご予約を対象とできる点もポイントです。

20220216:1.png

▶︎詳しくはこちら!「LINE通知連携」を使って自動で予約通知!友だち登録を増やそう

③予約者に限らず、来店した全てのお客様情報を得られるチャンス!デジタルのスタンプカードの活用

予約をせずにウォークインで来店されたお客様の情報を取得できるのが、実は「スタンプカード」を用いたコミュニケーションです。

一般的な紙のスタンプカードでは、基本的にはスタンプを貯める機能しか使えません。

しかし、デジタルのスタンプカードを使うことで、スタンプカードへ登録された一般的なお客様情報だけでなく、どのお店でいつ何回スタンプを押したか(来店したか)といったお客様の行動に関する情報を貯めることもできます。

トレタのデジタルスタンプカード「トレタスタンプ」なら、スタンプカードへの情報登録にLINEとの連携機能を使うことができます。そのため、スタンプカードの登録と同時にお店の「LINE公式アカウント」の友だち登録をしていただくことが可能です。

さらに、「どのお店でいつ何回スタンプを押したか」といったお客様の情報をもとに、LINE公式アカウントでのメッセージ配信を検討することができるので、貯まったお客様情報をより効果的に活用することもできます。

20220216:2.png

▶︎詳しくはこちら!「トレタスタンプ」を使って顧客情報を集めよう~LINE連携で登録簡単! クーポンで来店回数も増やせる~

※トレタスタンプは、トレタの予約/顧客台帳サービスをご利用になられていない飲食店でも、単独でお申し込みいただけます。

お客様の情報をもれなく貯めて、効率よく常連さんを増やそう

今回は、トレタの各種機能を活用した、取り逃がしてしまいがちなお客様情報の取得方法をご紹介しました。

実際にどれくらいのお客様情報を取得できたのか、どのように活用してどれくらい成果が出たか、などの事例や機能の詳細のご案内については、お気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

▶︎お問い合わせはこちら

売上アップや人材不足に
お困りではありませんか?

  • 客単価・回転数が上がり、20%の売上アップ
  • 予約電話の取りこぼしを解消し、予約数が3割増
  • 客単価7%増、13%の人件費を削減

これらは実際にトレタが飲食店のみなさんと共に、デジタルの力を使って成し遂げてきた成果です。もしも現在、お店の運営にお困りであればぜひともこの事例集をご覧ください。

DX事例集をダウンロード

トレタと一緒に
飲食店DXをはじめてみませんか?

些細なことでも構いません。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームから
ご相談・お問い合わせ

担当から折り返しご連絡を差し上げます

電話、テレビ会議での
ご相談・お問い合わせの予約

担当との相談日程を事前予約できます