お役立ち情報

飲食店のLINE公式アカウント|リピーターを増やすための活用方法

Twitterでツイート
LINEでシェア
はてなブックマーク
URLをコピー
LINEaccounts_top.jpg

利用者の性別や年齢、職業を問わず、いまや日本の人口の約7割弱※が利用するSNSツールとなったLINE。

メールよりも気軽なやり取りができることから、ビジネス上での活用にも広がり、現在は多くの企業や店舗がLINEアカウントを活用しています。

飲食店も例に漏れず、このコロナ禍で売上げアップの大きな手助けとなる「リピーター」の存在をより重視するようになったことから、リピーターを増やす施策の一つとして、予約の受付やクーポンの配信、定期的な情報配信などにLINEを活用するケースが増えてきているようです。

そこで今回は、リピーターを獲得する手段として取り入れたい、LINE公式アカウントの活用方法についてご紹介いたします!
事例のご案内もいたしますので、「すでにLINE公式アカウントは使っている」という方もぜひ御覧ください!

※LINEの国内月間アクティブユーザー 8,600万人÷日本の総人口1億2631万人(平成31年2月1日現在(確定値) 総務省統計局)

売上アップや人材不足に
お困りではありませんか?

  • 客単価・回転数が上がり、20%の売上アップ
  • 予約電話の取りこぼしを解消し、予約数が3割増
  • 客単価7%増、13%の人件費を削減

これらは実際にトレタが飲食店のみなさんと共に、デジタルの力を使って成し遂げてきた成果です。もしも現在、お店の運営にお困りであればぜひともこの事例集をご覧ください。

DX事例集をダウンロード

LINEは、LINE株式会社が運営・開発するメッセージアプリケーションで、国内人口の約7割弱が利用し、月間利用者数は8,600万人におよぶなど、圧倒的な認知度と利用率が特徴的です。

利用者を多く持つ特徴としてはなんと言っても気軽さにあり、所持する携帯端末がスマートフォンに徐々に移行したことをきっかけに、従来の主な連絡手段であったメールの代わりとして、LINEを利用するユーザーが増加してきていると考えられています。

このように、利用者の増加や気軽さから、最近では個人間のやり取りだけに限らず、ビジネスシーンで活用される場面も多くなってきており、そこで活用されているのがLINE公式アカウントです。

LINE公式アカウントはいわば通常のLINEのビジネス版で、個人間用のLINEは商用利用ができないのに対し、店舗/企業がビジネスに活用でき、専用の機能が使えることが特徴です。

例えば、クーポンの送付やチャット機能、ショップカードなど、店舗や企業の活用シーンが多いであろう機能を多く揃えています。

LINEaccounts_02.png

LINE公式アカウントでできること

LINE公式アカウントには様々な機能がありますが、ここではメッセージ配信や電話機能を除く、飲食店が利用するにあたってメリットを感じやすい主な4つの機能をご紹介します。

  • タイムライン
  • リッチメッセージ
  • リッチメニュー
  • クーポン

①タイムライン

LINEaccounts_03.png

テキストや画像で記事を作成し、投稿することができます。
ユーザーは投稿に「いいね」や「コメント」をつけることができるため、ユーザーとのコミュニケーションの場として活用が可能です。また、共有された情報はLINE公式アカウントと友だちになっていないユーザーも見ることが出来るため、友だち数以上の認知拡大が期待できます。

実施する場合は、文面の作成・画像を貼り付けする場合は画像の用意、あとはコミュニケーションを直接取ることも可能なため、「いいね」や「コメント」への対応なども場合によっては必要になります。

②リッチメッセージ

LINEaccounts_04.png

画像やテキスト情報を一つのビジュアルにまとめ、簡潔で分かりやすい訴求を実現できる機能です。通常のテキストメッセージよりも高い誘導効果が見込めます。

こちらもタイムラインと同様、画像を用意する必要があります。クリックしてもらいやすい文面やデザインを意識することが重要となるので、お店の人気メニューの写真などを加工して作成する、など工夫も必要となってくるでしょう。

③リッチメニュー

LINEaccounts_05.png

LINE公式アカウントのトークを訪れた際、画面下部に大きく開くメニューです。
メニュー内をタップすると、外部サイトへの誘導や事前に設定したキーワードの送信などを促進することが可能です。

画面を大きく占有するためユーザーの注意を引きやすいことから、こちらも工夫した見せ方が必要になります。画像を独自で用意することで、わかりやすくお店の特徴を伝えられるといいかもしれません。

④クーポン

LINEaccounts_06.png

LINE上で使用できるクーポンを作成できます。作成したクーポンはメッセージ・タイムライン・応答メッセージなどで配信・投稿が可能で、来店促進などに利用することも可能です。

紙のクーポンと同じように利用できるため、今までチラシなどで配布していた飲食店はこちらを活用するのも一つかもしれません。ただし、印刷にかかる時間やコストが浮く分、他と同様に画像やテキストの用意は必要となります。ある程度画像制作などに対する柔軟な対応が求められるかもしれません。

LINE公式アカウントを活用した飲食店の事例

実際に、LINE公式アカウントを使ってリピーターの獲得や、集客の促進をおこなっている事例をいくつかご紹介いたします。

ケース①リッチメッセージ

LINEaccounts_07.png

テキストでの案内はせず、あえて画像のみで訴求することで、簡潔で分かりやすい訴求が可能になり、通常のテキストメッセージよりも高い誘導効果が見込めます。

なにがどの程度安くなるのか、メニューの写真や金額をわかりやすく記載することが大きなポイントです。

ケース②メニュー紹介・イベント告知

LINEaccounts_08.png

お店が推したいメニューを魅力的な写真を使うことで、関心を引きつけ、来店意欲を促進します。
季節ごとの新作のご案内なども手軽にできるのがLINEの特徴です。他にも、テイクアウトやイベントなどの告知も写真と合わせて配信できるため、印象に残りやすいメリットがあります。

ケース③クーポン配信

LINEaccounts_09.png

LINEの友だち登録をしたらプレゼント!や、アンケートに回答いただけたら◯◯円引き、といった見せ方をすることで、来店だけでなく、LINEの友だち登録やお客様のアンケート回答といった、お店にとってメリットのある促進をおこなうことも可能です。

また、ゲーム感覚でクーポンを配布するケースもあるようです。ただし、これはLINEの機能とは別に、専用のページを作成する必要があります。

その他飲食店様のLINE活用事例はLINEの公式サイトにて紹介されておりますので、こちらも合わせてぜひ御覧ください。

LINE公式アカウント活用してリピーターを増やし、自社集客を実現しよう!

LINE公式アカウントの様々な機能を活用すれば、リピーター獲得につなげることが期待できます。
また、無料で始めることができるため、まだLINE公式アカウントを開設していない方は、まずはアカウントを開設してみましょう!

ですが、開設はあくまでスタート地点。
実際に開設、運用をしていくには大きく分けて2つのポイントをしっかり押さえることが重要です。

①友だち登録を増やす
②効果的な配信をおこなう

①友だち登録を増やす
当たり前ですが、情報の配信先が居なければ意味がありません。
アカウントを作ったら、まずはお店のLINE公式アカウントをお客様に知ってもらい、そして積極的に友だち登録を促進していきましょう!

例えばご来店のお客様に、その場でLINEの友だち登録をしてくれたらクーポンが貰える、当日会計◯%OFF、といった特典を用意すると、友だち登録のハードルが下がり登録がスムーズになるかもしれません。

②効果的な配信をおこなう
とりあえず配信をする、ではなく、きちんと「なにをどのように配信するか」を検証しながら実施していくことが重要です。

例えば配信するクーポンの画像の見せ方や文章一つでも、お客様の来店につながるかどうかが左右されることもあります。

ですが、配信するための画像を作ったり文章を考えたり...日々の忙しい中では注力するのは中々難しいかもしれません。
また、集客は増やしたいけどそもそもノウハウも無いから始めるのは...と、とどまっている飲食店様もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな飲食店様には、LINEの公式アカウントサポートがおすすめです!

LINE公式アカウントサポートを活用すれば、アカウントの開設から、画像制作などを含むメッセージの配信代行、効果的な集客を実現するための運用企画や効果検証までを代行することが可能です。

もっと詳しく知りたい、という方はお問い合わせフォームにてお問い合わせください!

▼お問い合わせはこちら
https://toreta.in/contact/

売上アップや人材不足に
お困りではありませんか?

  • 客単価・回転数が上がり、20%の売上アップ
  • 予約電話の取りこぼしを解消し、予約数が3割増
  • 客単価7%増、13%の人件費を削減

これらは実際にトレタが飲食店のみなさんと共に、デジタルの力を使って成し遂げてきた成果です。もしも現在、お店の運営にお困りであればぜひともこの事例集をご覧ください。

DX事例集をダウンロード

トレタと一緒に
飲食店DXをはじめてみませんか?

些細なことでも構いません。まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームから
ご相談・お問い合わせ

担当から折り返しご連絡を差し上げます

電話、テレビ会議での
ご相談・お問い合わせの予約

担当との相談日程を事前予約できます